2017年5月21日日曜日

六本松の現在

先日、学生の頃にお世話になっていた不動産屋さんに行ってきました。
そのついでに、懐かしの六本松を散策。


工事はだいぶ進んでいて、公園とマンションは既に稼働しています。
科学館も今年の秋には開館予定だそうです。


そして、私たち司法書士もこれからお世話になるであろう裁判所は絶賛工事中!
六本松キャンパスのテニスコートがあったあたりでしょうか。
こちらは来年の完成予定みたいです。


近隣のパン屋さん。
私が六本松近辺に住んでいた頃(10年ほど前)にはなかったお店です。




この路地の奥にある珈琲屋さんにも行ってきました。
とても素敵なお店だったんですが、
ゆっくり珈琲を飲んでいるほどの時間はなかったので、
自家焙煎の珈琲豆を買って帰りました。
次回は、読みたい本を持って行って、
ゆっくり楽しみたいと思います!

2017年5月15日月曜日

銀行カードローンのCMが多すぎる

いまどきは珍しいかもしれないテレビ大好きっ子の私ですが、
最近、銀行カードローンのCMがとても多いことが気になっています。

多重債務問題を取り扱っている私たちの業界では、
貸金業法改正を機に減少し続けていた自己破産件数が
昨年は増加に転じたことが話題になっています。
原因は、銀行カードローンによる過剰融資ではないかといわれています。

貸金業法改正では、グレーゾーン金利の撤廃とともに、
年収の3分の1を超える貸付けができない「総量規制」が導入されました。

しかし、銀行カードローンにはこの総量規制が適用されないため、
返済能力を超える額の借入れが可能になってしまうことがあります。

銀行カードローンは、無担保で、使いみちを問わず、
かんたんに借りられるけど、金利が高め。
これって、基本的に消費者金融と同じですよね。

消費者金融はちょっと怖いけど、銀行カードローンなら大丈夫…
ということはありません。
むしろ銀行カードローンの方が、総量規制が適用されないぶん、
借りる側の自己管理がより重要になってきます。

銀行カードローンのすべてが悪だとは思いませんが、
テレビで銀行カードローンのCMを見ると、
このままでいいものかと疑問を抱かずにはいられません。

2017年5月2日火曜日

相続手続きで新しい制度が始まります!

現行の相続手続きでは、金融機関での預金払戻しや相続登記申請などの都度、
亡くなられた方(被相続人)の相続関係を証明するために、
原則として、被相続人の出生から死亡までのすべての戸籍関係書類(戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍など)の提出が求められています。

この「出生から死亡までのすべての」というのが、実はなかなか大変なのです。

戸籍は、法改正や結婚、転籍などによって新しいものが作られますので、
平均寿命ほどで亡くなった方であれば、
少なくても5種類くらいの戸籍関係書類が必要です。
養子縁組や転籍などをされていれば、もっと多くなることも珍しくありません。
戸籍関係書類だけで、冊子が一つできてしまうほど量になります。

平成29年5月29日から始まる新しい制度、「法定相続情報証明制度」では、
戸籍関係書類と、相続関係を表す「法定相続情報一覧図」を法務局に提出すると、
(「法定相続情報一覧図」は、相続に関係のある人の家系図のようなもの)
登記官が「法定相続情報一覧図の写し」という証明書を発行してくれて、
各種相続手続きの際に「法定相続情報一覧図の写し」を提出すれば、
戸籍関係書類の提出を省略してもよいことになる予定です。

戸籍謄本もタダではありませんから、
今までは戸籍関係書類を1冊だけ用意して、
提出先で原本を返してもらってから次の提出先に行く、
という方法が主流だったので、
全ての相続手続きが完了するのに時間がかかりました。

しかし、「法定相続情報一覧図の写し」は交付手数料が無料で、
各種相続手続きに必要な通数を交付してもらえます。
特に提出先が多い場合には、手続きにかかる時間の短縮が期待されます。

新しく始まる制度なので、運用が始まってから変更などあるかもしれませんが、
相続手続きがスムーズにいくように積極的に利用していきたいものです。